コンプライアンス規程

ホーム会社概要コンプライアンス規程
(目的)
第1条  この規程は、クリスタ長堀株式会社(以下、「会社」という。)の企業行動規範に基づき、コンプライアンスを実現することを目的とする。
(適用範囲)
第2条  この規程は、役員及び社員(臨時社員、契約社員、嘱託社員、派遣社員、出向社員を含む)(以下「社員等」という。)に適用する。
(定義)
第3条  この規程における用語の定義は、次に定めるところによる。
(1) コンプライアンス
 法令はもとより、社内規程、企業倫理、社会規範に基づき良識をもって行動することをいう
(2) 法令等
 法令等とは、法令、社内規程、企業倫理、社会規範等の総称である
(法令等知識の習得)
第4条  社員等は、自らの職務を規制している法令等について正しい知識を習得するように努めなければならない。
(コンプライアンスの義務)
第5条  社員等は、自らの職務を規制している法令等を誠実に遵守して職務を遂行しなければならない。
2 自らの職務を規制している法令等が不明であるときは、社会的良識に基づいて行動しなければならない。
(行動のセルフチェック)
第6条  社員等は、自らの考えや行動が法令等と社会的良識に沿ったものであるかどうかを、自ら常にチェックしなければならない。
2 前項に定めるセルフチェックは、所定の「コンプライアンス・セルフチェックシート」によって行うものとする。
3 社員等は、セルフチェックシートを常に携行するか、または身辺に置いておかなければならない。
4 会社は、セルフチェックシートを常に社内に掲示し、社員に対するコンプライアンス意識の普及、啓発に努めなければならない。
(禁止事項)
第7条  社員等は、次に掲げることをしてはならない。
(1) 自ら法令等に違反する行為をすること
(2) 他の社員等に対し、法令等に違反する行為をすること
(3) 他の社員等に対し、法令等に違反する行為を教唆すること
(4) 他の社員等の法令等違反行為を黙認すること
(懲戒処分)
第8条  会社は、法令等違反行為をした社員等に対し、就業規則の定めに基づいて懲戒処分を行う。
(免責の制限)
第9条  社員等は、次に掲げることを理由として、自らが行った法令等違反行為の責任を免れることはできない。
(1) 法令等について正しい知識がなかったこと
(2) 法令等に違反しようとする意思がなかったこと
(3) 会社の利益を図る目的で行ったこと
(コンプライアンス研修会)
第10条  会社は、次に掲げる目的のため、必要に応じ、研修会を開催する。
(1) コンプライアンスへの関心を高めること
(2) コンプライアンスについての正しい知識を付与すること
2 研修会の受講を命令された社員は、必ず受講しなければならない
(施行の細目)
第11条  この規程の実施に必要な事項は、社長が定める。
(附則)
第12条  この規程は、平成20年4月1日から施行する。

【様式】コンプライアンス・セルフチェックシート

コンプライアンス・セルフチェックシート
あなたの考えや行動について、次の4項目を素直にチェックしてみてください。
* 法令、会社の規則・規程に違反していませんか
* 社会的な良識に照らして問題はありませんか
* 自分自身で本当に正しいと思いますか
* 家族や同僚に自信を持って説明できますか
もしも判断に迷うときは、中止するか、あるいは総務担当に相談してください。 秘密は厳守します。
ページトップへ